Azoya

2020年までに、4人に1人の中国人が海外のネットで買い物の時代へ

2020年までに、人口の1/4以上が海外製品をネットショップで買います。

by Azoya

2020年までに、人口の1/4以上が海外製品をネットショップで買います。

2016年、人口の15%以上が海外から買い物をし、総額は約9兆4300億円に上ります。2016年の越境ECサイトでの一人当たりの平均購入額は約5万円の予想で、EC小売市場において、4.2%を占めます。

2020年までに、人口の1/4以上が海外製品をネットショップで買うようになるでしょう。

中国人消費者が海外製品を買う理由は次の通り:

1.高い生活水準

2.海外製品への慣れ

3.特定のカテゴリーにおいて、海外製品は高品質と認識され、信頼性への評価も高い


お客様はプロフェッショナルで見やすいプラットフォームへと移行しています。それらのB2Cのプラットフォームで売られる商品は認可されないといけないので、より安全とみなされています。

企業から顧客へ(B2C)のチャンネルは、2016年の越境ECにおいて、伸び率が大きいと予想されています。